【猫背矯正完全マニュアル】秒速で猫背を治す簡単ストレッチ法を紹介

猫背の白猫

いつものように洗濯物や、デスクワークなどのお仕事をしている時に気になる猫背姿勢。

猫背になると姿勢が悪くなるだけじゃなく、ポッコリお腹や肩こり腰痛の原因にも繋がるのでかなり厄介です。

そこで今回は、そんな猫背を治すべく『猫背矯正完全マニュアル』を作成致しました。

  • 猫背の根本的な原因について知りたい。
  • 猫背を治す方法を色々試したが実際に治ったことがない。
  • 猫背矯正したいけど、整体に通うお金もないし半ば諦めモード。
  • 時間をかけずにすぐに効果がでる猫背ストレッチを教えて。

この情報社会ですので猫背矯正だけに時間を費やすことはあなたにとって難しいことでしょう。

…が、しかしッ!!

『猫背矯正完全マニュアル』では、あなたの猫背にかける時間を究極に短縮させることに成功致しました!

毎日多くて10分、あなたの行いたいストレッチの厳選セレクトならば2〜3分ほどでも構いません。スキマ時間だけで全然オッケーです。

中には「秒速」で猫背を治す方法なんてのもお伝えしていきます。

ズボラな僕でも実践できる猫背矯正です。難しいストレッチなどは一切行いません。

ぜひ最後まで読んでその丸まった猫背を解消させましょう!

猫背矯正を知る前に…。そもそも猫背ってどんな姿勢??

猫背の原因は骨盤の歪み

猫背姿勢とは、背中が丸まってまるで「ネコの背中」のような姿勢になってしまうものを言います。

猫背になってしまった方の姿勢ってだいたいこんな感じだよねっていう姿勢の特徴をまとめてみました

猫背の特徴
  • 首が前傾姿勢(前のめり状態)
  • 骨盤は後傾姿勢(後ろに倒れた状態)

この姿勢が「肩こり」「頭痛」「腰痛」などの原因のもとになり、日常生活に悪影響をもたらすのです。

猫背になる原因とは?

猫背の原因となる要因はホントに多種多様。

ですが、実際に整体師として猫背の方を施術していく中で「猫背の原因ではコレが一番多いのでは…?」ってモノを厳選してお伝えしていきます。

現場にいるからこそ分かった猫背の本当の原因について詳しく解説していきましょう。

猫背の原因ナンバーワンは「骨盤の歪み」

猫背は骨盤の歪みが原因で引き起こされます

猫背の原因でおそらく一番多かったのは「骨盤の歪み」が原因のタイプです。

骨盤は日々の生活習慣やライフワークによって徐々に歪んでいきます。

現代の日本人では主に「車の運転」「スマホの見過ぎ」「パソコン作業」などによって骨盤が後ろに傾いてしまいます。

骨盤が後ろに歪むと、その分背中が丸まってしまい、結果猫背姿勢」になってしまうのです。

赤い服を着た、美しい姿勢の女性 【骨盤の歪み改善】歪みの原因に効く簡単ストレッチを紹介

頭の重さも猫背の原因に

ストレートネックも猫背が原因です。

骨盤の歪みだけでなく「頭の重さ」も猫背の原因につながります。

猫背姿勢の人をじっくりと観察してみると、カラダに対して頭の位置が少しだけ前のめりになっていることが分かります。

人間の頭の重さというのはおよそ5キロほどと言われており、ボーリングの球と同じくらいの重さなんです。

ボーリングの球ほどの重さの頭を支えている首っていうのは、常にすごい負荷がかかっている状態ですよね。

ですので、少しでもカラダのバランスが崩れてしまうと、頭が負荷を支えきれなくなってしまい、前に倒れてしまいます。

すると、背中もだんだん丸まっていき、猫背姿勢になってしまうのです。

▼猫背の人はストレートネックも気を付けよう

首の長いキリン ストレートネックってなに?予防と改善法について詳しく解説

巻き肩で背中が丸くなる

巻き肩とは、肩が前に出てさらに腕が内側に捻れた状態のものをいいます。

巻き肩になると、肩甲骨が外側に開いてしまうので、結果的に背中が丸まってしまいます。

さらに背中の筋肉、お腹の筋肉、首の筋肉が硬くなってしまうことで呼吸がしづらくなります。

呼吸ができないと血液の循環が悪くなるのはもちろん、喘息や鼻炎などの呼吸器系の症状も出やすくなってしまいます。

頭に送られる酸素が不足すると頭痛の原因にもなるので注意が必要ですね。

猫背の原因は「背中」だけじゃない!?

実は、猫背姿勢の原因は背中だけではありません!!

「猫背」という言葉を聞くと、どうしても原因が背中にあるモノだと思い込んでしまいます。

ですが、実は猫背姿勢の原因は「背中」だけでなく「全身」の筋肉バランスの歪みが原因なのです。

実際に施術していても、脚の裏側がすっごく硬くなってるせいで背中が丸まっちゃってる人とかけっこういます。

猫背を治そうと思ったら、背中だけでなく骨盤、お尻、肩甲骨、脚などの全体バランスを改善させるアプローチ方法が必要となるってコトを覚えておきましょう!

猫背が引き起こす症状・デメリットとは?

慢性的な肩こり腰痛

背中が丸くなることで、肩まわりの筋肉(僧帽筋など)が引き伸ばされてしまい、常にガチガチ状態に。

さらに、骨盤の歪みによって腸腰筋などの筋肉にも影響を及ぼしてしまい、慢性的な腰痛を引き起こします。

悪い姿勢が長く続くと、椎間板にも負担をかけてしまい椎間板ヘルニアを引き起こすキッカケにもなりますし、辛いギックリ腰の原因にもなるのでご注意を。

▼ぎっくり腰を完全攻略したい方はこちら

グッドポーズ 【ぎっくり腰完全攻略】1日でも早く治すために必要な対処法を教える

猫背が頭痛の原因に?!

猫背になると、背中が丸まってしまうので頭の位置が前傾(前のめり)してしまいます。

すると、首肩の筋肉がガチガチに硬くなってしまい、頭のほうに十分な酸素を送ることが出来なくなっちゃいます。

血流の循環が不十分ですと、血管内にどんどん老廃物が溜まってきてしまい、最終的に頭痛を引き起こしてしまうのです。

猫背の姿勢はポッコリお腹を加速させる!

猫背姿勢の症状は、肩こり腰痛だけではありません。

猫背姿勢が続いてしまうと、骨盤がず〜っと後ろ向き(後傾)した状態ですから、お腹がポッコリと出ているような見た目になってしまいます。

さらに、インナーマッスルの筋力低下によって、痩せにくいカラダになってしまったりとデメリットだらけ。

本当は太っていないのに、骨盤が歪んでいるせいで見た目が大きく変わってしまうのはすっごく勿体無いので、特に女性の場合は猫背姿勢に気をつけましょう!

呼吸が浅くなりネガティブ状態に陥ることも…

猫背になると「巻き肩」といって、肩が内旋(内捻り)し、肩が内側に巻き込まれた状態になります。

この巻き肩の状態になってしまうと、背中が丸まってしまい、呼吸する筋肉が使いにくくなってしまいます。

呼吸が浅い状態が続くと、自律神経を乱してしまいネガティブ状態に陥ってしまうことも…。

裏ワザ必見!猫背を秒速で治す方法とは?

皆さまお待ちかねの猫背を秒速で治す方法をご紹介していきます。

先ほど猫背の原因のひとつに「巻き肩」があると言いましたが、その巻き肩を矯正することで一時的ではありますが猫背姿勢が治ります。

では実際に写真をみながら実践していきましょう!

猫背を秒速で治すストレッチ法

猫背を秒速で治すストレッチ法。まずは椅子に脱力しながら座る。当然背中は丸まりだらしない姿勢になってしまう。

まずは椅子にだらーんと座ります。

巻き肩の人は肩が内側に捻れているため肩が前方に入ってしまっています。

よくパソコン作業などをされている方はこのような「背中が丸まった姿勢」を無意識にされているのではないでしょうか?

このとき察しの良い人はお気付きでしょうが、肩が内側に入ってさえいなければ肩が前のめりしなくて済むので自然と正しい姿勢をとることが出来るのです。

猫背を秒速で治すストレッチ法。前腕を外旋させることで肩甲骨が内側に寄せられて、前胸部の収縮から解放される。よって猫背も改善される。

内側に捻れた腕を逆に外側に捻ってあげることで胸が開き肩甲骨も内側に入ります。

すると自然に猫背が矯正されていき正しい姿勢を手に入れることが出来ます!

猫背を治すためにはどうしたら良い?

こんなにも簡単に猫背を治してしまうストレッチですが、これだけ行っていても猫背は完全に改善は出来ません。

猫背の原因は他にもたくさんあるので巻き肩だけ矯正してもあまり意味はないのです。

猫背を本気で改善したいのなら、このあと紹介する「1日10分の猫背矯正ストレッチ」もキチンと行うべきです。

ストレッチだけでなく、日々の生活習慣を見直すことも猫背を解消させるためには必要です。

1日10分の猫背矯正ストレッチで美姿勢を目指そう!

1日10分で出来る猫背矯正ストレッチ法を紹介していきます。

猫背を治すのに効果的なストレッチのみを厳選して集めてみました!

1つ1つのストレッチは長くても1分程度で出来るものばかりです。

実際に行ってみてあなたが「効いてる感じがする」ってものだけで構わないのでぜひ実践してみて下さいね♪

肩甲骨のストレッチ

肩甲骨のストレッチ。腕を体の前方まであげて指を組み、背中を丸めた状態を作ります。

①背中を丸めた状態からスタート。このとき肩甲骨が肋骨に沿って外側に広がっている感じだと思います。

肩甲骨のストレッチ。背中を広げる。このとき肩甲骨が内側に寄っている感覚があればオッケーです。猫背矯正に効果あり。

②今度は腕を水平に持っていきながら胸を張らせた状態を作ります。このとき肩甲骨が内側に寄ってくる感覚があればオッケーです。

③この動作を4〜5回繰り返します。

タオルを使った肩甲骨のストレッチ

タオルを使った肩甲骨ストレッチ方法。まずはタオルを持ち腕を上げます。

①タオルの両端をもち腕を持ち上げます。このとき肩幅くらいの感覚をあけて持ってあげると良いでしょう。

タオルを持ちながら肩甲骨を内側に引き寄せる。このとき肩甲骨が内側に引き寄せられている感覚があれば猫背にも効いている証拠です。

②頭の後ろまでタオルを持ったままジワーッと腕を下ろしていきます。

このとき肩甲骨が内側にしっかりと寄っているかをしっかり確認しながらストレッチしましょう。

身体を左右に倒すとより肩甲骨にアプローチできて効果的なストレッチになります。

③途中で腕を上げたまま左右に身体を倒したり、斜め下にツイストしていくと色んな場所にストレッチを効かせることが出来ます。

背中のストレッチ

背中のストレッチ。四つん這い状態からスタートします。

 

①四つん這い状態からスタートします。

背中のストレッチ。四つん這い状態から「猫のポーズ」で背中全体にストレッチをかけていきます。

②この姿勢から両手で床をプッシュしながらお尻を後ろに突き出します。

③今度は両手のひらを表側にした状態で小指をつけて床でグイーっと伸ばします。

④広背筋という背中の筋肉が伸ばされている実感があったら、そこで20〜30秒キープします。

肋骨と肩の可動域を広げるストレッチ

肋骨と肩の可動域を上げるストレッチ。右腕を左膝の先まで持っていく。このとき腕を内旋しておく。

 

①右手を左膝のなるべく遠くの方までぐいーっと伸ばしていきます。

②伸ばしきったところで深呼吸を2回行います。

腕を斜め上に上げていく。このとき前腕を外旋しておく。肩の可動域が上がれば自然と猫背も解消される。

 

③右手を斜め後ろに伸ばしていきます。このとき目線を指先で追っていくことで自然と伸ばせる範囲が広がります。お侍さんが刀を抜いたときのようなモーションになるかと思います。

④背筋を伸ばして胸が開ききった状態で深呼吸を2回行います。

⑤反対側も同じように行います。

肩と胸のストレッチ

肩と胸のストレッチ。腕を水平にあげて「円」を描くように動かす。猫背の原因とされる前胸部の固さをほぐすことを目的とする。

①腕を床と水平になるまで上げていきます。

②手のひらで円を描くようにゆっくりグルグルと回していきます。

③7〜10回ほど回したら反対まわしも同じように行います。

壁を使った猫背矯正ストレッチ

壁を使った猫背矯正ストレッチ

①手の平を上に向けた状態で小指側を壁に手を引っ掛けて胸の筋肉を伸ばしていく

②体を引っ掛けた側の反対方向に捻っていくことでより伸ばされていく実感があるかと思います。

それでも猫背が治らない場合は東京都板橋区にある「ほぐしわん整体院」へ

猫背矯正の改善ストレッチ法を詳しくお伝えしてきましたが、それでもなかなか解消されない場合は整体を受けるのも一つの手です。

自分ではなかなか見つけられない骨盤の歪みや、姿勢の調整、生活習慣のアドバイスなどを受けられるので安心できるのもメリットですよね。

板橋区成増を拠点に活動する、ほぐしわん整体院では「猫背姿勢の原因は、背中だけじゃない」という考えの元、あなたの猫背の原因を根本から取り除いていきます。

  • 猫背の原因を根本から改善させたい
  • キレイで美しい姿勢を取り戻したい
  • 接骨院や整体院に行っても猫背が治らない

痛みから解放されて、自分らしい生き方をしたい!

あなたがそう願うのでしたら、ほぐしわん整体院は最大限のサポートと症状改善のお役に立てることでしょう。

あなたに必要なモノは、たったの2つ。

電話をかけるためのチョットばかしの覚悟と、改善させるための施術の時間です。

痛みやコリが消えるだけで、今よりもっと素晴らしい人生が手に入ります!

あなたの望む夢や未来のためにも「いつまでも健康でいられる身体づくり」をほぐしわん整体院で実現してみませんか?

あなたのご来院を心よりお待ちしております。

ほぐしわん整体院ホームページはこちら

コメントを残す