【ぎっくり腰完全攻略】1日でも早く治すために必要な対処法を教える

グッドポーズ


Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : Space required after the Public Identifier in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SystemLiteral " or ' expected in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SYSTEM or PUBLIC, the URI is missing in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : Space required after the Public Identifier in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SystemLiteral " or ' expected in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SYSTEM or PUBLIC, the URI is missing in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : Space required after the Public Identifier in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SystemLiteral " or ' expected in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SYSTEM or PUBLIC, the URI is missing in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/ryo3xyz/hogushi-one.com/public_html/blog/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1553

東京都板橋区ほぐしわん整体院の田中良です。

今回は魔女の一撃なんてコワーイ名前までつけられてしまうほど恐れられている「ぎっくり腰」について詳しくお話していきたいと思います。

仕事中とか関係ナシに、突然強い痛みが襲いかかってくるぎっくり腰…。

  • 「明日から仕事なのに痛みがまったく治らない」
  • 「来週大事な予定があるのに、どうしよう…」

なんて考えているあなた!!

そんなあなたのために、柔道整復師の国家資格を持っている現役整体師の僕が、ぎっくり腰を1日でも早く治すために必要な対処法を分かりやすく徹底解説していきます。

病院でも教えてくれない『ぎっくり腰の完全攻略バイブル』となっております。

ぜひ最後までじっくりと読んでって下さい。

目次

病院では教えてくれない、ぎっくり腰の本当の原因と治し方とは…?!

ぎっくり腰になると引き起こされる症状や悩みはたくさんあります。

ぎっくり腰の症状と悩み
  • 突然「グギッ」と腰に痛みが現れた
  • かがんだ瞬間に「ピキッ」と痛みだした
  • 背中を伸ばそうとした瞬間に電撃が走った
  • 朝、洗面台で歯磨きしていたら突然腰が痛くなった
  • 「クシュン」とくしゃみをした瞬間に腰に激痛が…
  • 引っ越し中に、重たいダンボールを持ったら痛みが…

このようにぎっくり腰の発症はなんの前触れもなく突然にやってきます。

病院では絶対に教えてくれない、ぎっくり腰の「本当の原因」と治し方についてじっくりと解説していきましょう!

そもそも「ぎっくり腰」とは?

ぎっくり腰ってどうして起こるの?

海外では「魔女の一撃」と言われるほどの激痛を伴うぎっくり腰。

正しくは「急性腰痛」というカテゴリーの腰の痛みで、突然の激しい痛みを伴う腰痛であります。

ぎっくり腰の特徴のひとつに「レントゲンやMRIには腰の異常がまったくみられない」という点があります。

このため、ぎっくり腰患者が病院で治療を受けると、飲み薬と湿布だけ渡されてすぐ帰らされるケースがほとんどです。

リョウ

それもそのはず。実は原因を特定できる腰痛って全体のわずか15%しかないんですっ

関連:腰痛対策-厚生労働省

急性腰痛と慢性腰痛について

先ほど話題に上がってきました「急性腰痛」と「慢性腰痛」 についてご説明していきます。

ざっくり簡単に説明していきますと

  • 「急性腰痛」=鋭い痛みが突然襲ってくるタイプの腰痛
  • 「慢性腰痛」=鈍い痛みがジワーッと続くタイプの腰痛

ってカンジ。

急性腰痛とは、つまり「ぎっくり腰」のような症状のものでしたね。

慢性的な腰痛とは対処法や治し方もまるっきりかわってきてしまうのでそこだけは注意しておきましょう。

ぎっくり腰の誤解されている対処法

よく皆さん勘違いをしているのが「ぎっくり腰の対処法」についてです。

正しい処置を施せば痛みの引きも早まるのですが、ネットのデマ情報や人づてに聞いたウソの対処法をするあまりに症状が長引いてしまうのです。

この記事を書くとき、はじめは「改善法と予防法だけサクッと書いておけば良いか」と考えていました。

ですが、思った以上に「ぎっくり腰の正しい知識」がまだ世間に浸透していなかったので急遽『ぎっくり腰完全攻略バイブル』の作成を手掛けたのです。

「とりあえず安静に」はNG

リョウ

「とりあえず安静に」はゼッタイNGです!

ぎっくり腰になったら「とりあえず安静にしなさい」なんてよく言いますが、コレ絶対にダメです。

少し前までは「ぎっくり腰は絶対安静」って処置がセオリーだったのですが、腰痛の研究が進むにつれて「安静にしない方が治り早いんじゃね?」ってことに気づいたのです。

ずっと安静でいるよりも、ある程度痛みがなくなってきたら積極的に動かすように心がけましょう。

整形外科に行けば治るは大ウソ

多くの方はぎっくり腰になったらまず病院や整形外科などの専門家の元へいくことでしょう。

しかし、ぎっくり腰を発症した多くの方が病院や整形外科に行っても「痛み止めと湿布を渡しますね」と言われるだけでまったく対処してくれないことが多いのです。

実際に整形外科に行ってみた人からすると「私のぎっくり腰はこんなに痛いのに、たったコレだけ?」って感想だったのではないでしょうか?

結論から申しますと、整形外科に行ったからといってあなたの腰痛は治りません。

整形外科に行くよりも、ずっとずっと大事なこと。それはあなた自身が「ぎっくり腰の知識をキチンと身につける」ことです。

この記事を最後まで読んで頂ければ、その辺の専門家よりもぎっくり腰に詳しくなっているはずです。

患部を冷やす?それとも温める?

ぎっくり腰になったら冷やせば良いのか、それとも温めた方が良いのか。

ネットや書籍には様々な意見が書かれているので結局どれが正しい対処法なのか判断するのが難しいですよね…。

結論から申しますと「どちらも正しい」というのが僕の答えです。

ただし「冷やすべき期間」と「温めるべき期間」とで対処法がまるっきり変わってくるので注意が必要だということを覚えておきましょう。

ちなみに、ぎっくり腰になってしまった場合の最初の一手としては「冷やす」のが正解です。

効果的な冷やし方については後ほどじっくりお話します。

温かい紅茶を持つ女性 腰痛になったら温める?冷やす?その疑問をカラダのプロが徹底解説

ぎっくり腰を治すには「正しい知識」を知ることが大事

ぎっくり腰の対処法がなぜここまで誤解されてしまうのか。

それはぎっくり腰の対処の仕方が段階によって大きく異なっているからなんです。

「とりあえず安静に」が重要な期間だってもちろんありますし、冷やすよりも温めた方が効果的な時期もあります。

ですが、それを正しく判断するのが難しい…。

今回僕がこの記事を書いているのも、ぎっくり腰に悩まされる方一人一人に「正しい知識」を身につけて欲しいと思ったからこそです。

では、ぎっくり腰を正しく改善していく準備として誰でも出来る「腰痛チェック法」に移っていきましょう!

ぎっくり腰のセルフチェック法

腰痛の症状チェック法!タイプ別に痛みの「真犯人」を判断する方法とは?でも詳しく書いておりますが、腰痛には様々な「症状タイプ」があるので、それをキチンと見分けることが重要。

元柔道整復師である僕が、レントゲンよりも正確な腰痛のセルフチェック術をあなたにだけコッソリと教えちゃいます。

まずはあなたの腰痛タイプを知ろう

腰痛の症状チェック法!タイプ別に痛みの「真犯人」を判断する方法とは?にて説明しておりますが、腰痛は大きく「5つのタイプ」に分けることが出来ます。

腰痛の原因タイプ一覧
  1. 椎間板タイプ
  2. 椎間関節タイプ
  3. 仙腸関節タイプ
  4. ぎっくり腰タイプ
  5. ストレス腰痛タイプ

この中でいま現在僕らが知りたいのは「ぎっくり腰タイプ」ですよね。

続いては「こんな人はぎっくり腰確定」っていう症状についてお話します。

コレに当てはまるならぎっくり腰確定

ぎっくり腰とは、いわば「急激な筋肉の痛み・炎症によって損傷した腰の状態」をいいます。

では実際にどんな症状が出ているものがぎっくり腰と呼ばれているのでしょうか?

次のうち、どれかが当てはまる場合はぎっくり腰(急性腰痛)の可能性大です。

ぎっくり腰チェックシート
  • 動くだけで激痛が走る
  • 咳やクシャミだけでも腰が痛い
  • 横向きでヒザを丸めたような姿勢が一番ラク
  • 発症初日は激しい痛みだが、2〜3日すると徐々に痛みが和らいでくる

次に「病院に行った方が良い危険な腰痛の話」をしていきます。

危険のサイン?!病院にいくべき腰痛とは

コレがあったら今すぐ病院へ!
  • ひどい発熱がある
  • 排尿や排便が困難
  • 痛みや痺れが下半身にみられる
  • 急激に脚に力が入らなくなった
  • 24時間ずっと安静にしていても腰に激痛が走る

これらの症状がでる場合はぎっくり腰でなく、重篤な病気・内臓の疾患・腫瘍・骨折の疑いがあります。

今すぐにでも病院・整形外科に行き精密な検査を受けて下さい。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因・ルーツを知ることで対処法も打ち出しやすくなります。

ぎっくり腰を完全に治すためには『知識武装』するのが遠回りのようでイチバン最短です!

1日でも早く治すために、キッチリと知識を深めておきましょう。

魔女の一撃「ぎっくり腰」はなぜ起こるの?

西洋では「魔女の一撃」と恐れられているぎっくり腰ですが、一体どうして引き起こるのでしょうか?

多くの方は「ぎっくり腰は偶然起こるもの」と勘違いしていますが、実はそうじゃない。

ぎっくり腰は普段の身体の使い方や、姿勢、日常動作による疲労の蓄積によって、ある意味「必然的」に起こるものなのです。

過剰なストレスを骨や筋肉が受け続けたことによって、ほんの些細な「咳やくしゃみ」「腰への負担」なんかでもぎっくり腰の原因になってしまうという訳です。

ぎっくり腰は再発しやすい?

ぎっくり腰は再発しやすいとよく言われていますが、それは一体なぜでしょうか?

一般的に椎間板が原因のぎっくり腰ですと「線維輪」という場所がビリッと破けてしまうことで発症します。

破れた線維輪は、人間に備わっている「自然治癒力」というありがたーい能力のおかげで修復されるのですが、完全に治るワケではありません。

例えるなら、壁に空いた穴をガムテープで修復させた程度。これじゃあ再発しやすいのも頷けますよね。

「じゃあ一生ぎっくり腰に怯えながら生活しなきゃいけないの?」と言うと、そうとも限りません。

たとえ椎間板に不備がでたとしても、筋肉(インナーマッスル)をしっかりと鍛えることでぎっくり腰に負けない「強い腰」を手に入れることは十分に可能です。

筋力トレーニングについては後述します。

ぎっくり腰の治し方

1日でも早くぎっくり腰を治すための方法【実践編】に移っていきます。

…と、その前に現在あなたのぎっくり腰がどの段階にあるかを確認しておきましょう。

急性期はとにかく安静に

ぎっくり腰発症からおよそ2日間は「急性期」にあたります。

この段階では炎症がヒドく、ちょっと動かすだけでも激痛ですので、できる限りの安静が必要です。

急性期の主な対処法としては

  • とにかく安静にする
  • 患部を冷やす

が重要です。

ちなみに炎症がバンバン起こっているこの時期に「腰を温める」のは絶対NG!

確実に腰の痛みを悪化させてしまうのでご注意を。

回復期に入ったら徐々に腰を動かそう

回復期とは、ぎっくり腰発症から約2〜3日が経過し、炎症期が引いて痛みが徐々に軽減されてきた頃です。

この頃からは安静をやめて少しずつ「腰を動かす感覚」を取り戻していきましょう。

いきなりバリバリ運動するのではなく、はじめはストレッチなどで周辺の筋肉をほぐしていくのがベストです。

ぎっくり腰が原因で出来た「カサブタ(修復部分)」は、過剰な運動やストレスが加わると破けてしまいますので、ちょっとずつ体を動かす感覚を取り戻していきましょう。

この頃からは腰を「冷やす」より「温める」方が効果ありです。

温泉や銭湯などの高温浴で温めてあげると腰の痛みの完治が早まるので近場にそのような施設がある場合は積極的に活用してみて下さい。

看護師の格好をしたゴム製のお風呂によくいるアヒル 腰痛のときにお風呂に入っても平気?温めちゃいけない腰痛があるってホント?

急性期と回復期では対処法がぜんぜん違う

上記でお話したように、急性期と回復期では対処法が全然違います。

これを理解しないまま、間違った「ぎっくり腰対策」をしてしまいますと、完治までの期間が遅くなってしまうというワケです。

あなたのぎっくり腰が「どの段階か」をしっかりと理解することが、ぎっくり腰完全攻略のためには必須なのです。

【超重要】ぎっくり腰初期の対処法について

ぎっくり腰を完全攻略するためには、初期の対処法がすっごく大事。

いわゆる急性期(炎症アリ)のぎっくり腰に対して、どのように対処していくのかで、その後の治りがメチャクチャ違うのです。

まずは安静第一に

ぎっくり腰を起こした直後は筋肉の炎症がみられますので、この時期にストレッチやマッサージをしてしまうと、返って炎症(腰の腫れ)がひどくなって余計に腰の痛みが増してしまいます。

ぎっくり腰を起こした場合は、まずは横になって痛くない姿勢をとるのがベストです。

炎症による痛みのピークはだいたい2〜3日。

それまではなるべく腰を動かさないリラックスした姿勢で過ごしましょう。

患部を冷やす

筋肉の炎症を鎮めるために、患部を冷やしてあげるのがベストです。

安静にしながら、痛みの出ている部分を冷やしてあげることで、炎症が広がるのを防ぎ、ぎっくり腰をより早く治す為のサポートをしてくれます。

氷のう(アイシング)を使うときの注意点としては「冷やしすぎに注意」ということ。冷やしすぎは冷傷の原因になります。

続いては実際の氷のう(アイシング)を使った冷やし方をご紹介していきます。

氷のうを準備する

ここで注意すべきなのは、炎症を起こしている部分をガッツリ冷やしてあげること!

ですから、冷湿布やコールドスプレーのような生半可な冷やしでは物足りません。

コンビニなどで貰えるビニール袋で十分ですので、その中に「水」と「大量の氷」を入れて氷のうを作りましょう。

20分間ガッツリ腰を冷やす

作成した氷のうを肌に直接あてて20分間ガッツリと冷やしていきます。

ここでの注意点は「20分以上冷やさないこと」です。

長時間冷やし続けていると冷傷の恐れがあるので必ず時間は守って下さい。

20分冷やしたら最低でも30〜40分は間隔をあけてからアイシングを再開。これを何度も繰り返していきます。

すると身体の中の炎症が徐々に治っていく感覚がわかることでしょう。

同様にお風呂に入る際も、あったかいお湯に浸かるのではなく「出来るだけ冷たいシャワー」を使うことがベスト。

コレを実際に行うことが、ぎっくり腰を少しでも早く治せるかどうかのカギになります。

動かして治すのは炎症が完全に引いてから

ネットでぎっくり腰の対処法について調べると「ガンガン動かして治そう」なんて書き込まれていますが、真に受けて初期のうちから動かしていると余計に悪化させてしまいます。

ぎっくり腰を動かして治すのは、炎症が完全に引いてからで十分です。

しっかりと炎症(患部の腫れや熱感)が治ってからストレッチや腰のリハビリに移りましょう。

病院に行くべき腰痛とは?

先ほど「ぎっくり腰は病院に行っても治らない」なんて言いましたが、病院に行った方がいい腰の痛みもあります。

「もしかしたらこの痛み、ぎっくり腰じゃないかも…」なんて思ったらスグに病院受診をしましょう。

骨折が疑われるとき

目に見えて患部が腫れ上がっていたり、触るだけで激痛が走る場合は骨折の疑いがあります。

すぐにお近くの病院もしくは整形外科にてレントゲンを撮ってもらいましょう。

24時間以上痛みが引かないとき

一般的なぎっくり腰の場合、ひとまずジッと寝転がっていれば痛みが軽減されます。

ですが、骨折や何かしらの重篤な疾患がある場合はどんな体勢をとっていようが激しい痛みを伴います。

腰の痛みと共に、熱や吐き気が起こる場合は迷わず病院で診断を受けましょう。

3日経っても痛みが引かず、日ごとに痛みが増しているとき

ぎっくり腰の痛みの原因は「炎症」であるとお話しました。

炎症は安静にしておけば、およそ3日ほどで少しずつ痛みが治っていきます。

ですが、炎症が原因でなく重篤な疾患や骨折が原因の場合は、放っておいても痛みが消えることはありません。

3日以上痛みが継続される場合は、ぎっくり腰以外を疑い、必ず病院で判断を仰ぎましょう。

レントゲンに写る腰痛は病院で治療すべし

「ぎっくり腰は病院に行っても治らない」ってのは、ぎっくり腰がレントゲンに映らないタイプの腰痛だからです。

レントゲンやMRIに映る腰痛は病院や整形外科のもっとも得意とする分野です。

少しでも重篤な症状のキケンがあるようでしたらすぐ病院にて診断を受けましょう。

ぎっくり腰の改善法・予防法について

炎症が治ったら、いざ本格的に腰痛を改善させていきましょう!

ぎっくり腰を1日でも早く改善させたり、再発させないための予防法についてを詳しくご紹介していきます。

「これなら出来そう」と感じるものからぜひ試してみて下さい。

腰痛対策ストレッチ

ぎっくり腰直後は無理してストレッチをする必要はありませんが、ある程度動けるようになったり、予防としてストレッチを積極的に取り入れていくことは大賛成です。

腰痛の最大の原因は「腸腰筋」という筋肉であると考えられています。

この腸腰筋をしっかりとほぐすことでぎっくり腰を予防できるだけでなく、股関節の可動域を高めることも出来るのです。

それでは一緒にストレッチを行っていきましょう。

腸腰筋のストレッチ。片膝を立てた状態。

片膝を立てた姿勢を作り、もう一方は床につけたまま出来る限り伸ばしていきます。

腸腰筋のストレッチ。足を伸ばしていくと太ももが伸ばされていく感覚が出てきます。

この状態のまま、腰が前にくるように押し出していきます。

このとき腸腰筋(お腹と骨盤あたりの筋肉)が伸ばされている感覚ならしっかりとストレッチが効いている証拠です。

筋トレ・運動をする

ぎっくり腰を予防するのに激しい運動や筋トレはまったく必要ありません。

大事なのは腰のインナーマッスルを鍛えることです。

そこで今回紹介する運動は「ドローイン」というエクササイズ法です。

では、写真を交えて実際にやっていきます。

ドローインでインナーマッスルを鍛えるとぎっくり腰の予防になります。

仰向けで膝を立てた状態を作ります。左右の手はお腹にあてます。

背中を床に押し付けると同時におへそをぎゅーっと内側に引き込むように力を入れていきます。このとき凹ませたお腹の筋肉がしっかり働いているかを手で確認しながら行いましょう。

ドローイン。立ったままでもドローインをすることが出来ます。

立ったままでもドローインを行うことが出来ます。

足は肩幅に開き、そのまま3〜5秒間かけてゆっくりと鼻から息を吸い込みお腹を膨らませます。

息を吐くときはお腹を凹ませながら10〜30秒かけてゆっくりと吐いていきましょう。

お腹を凹ませるときは「丹田(たんでん)」というおへそよりちょっと下あたりを意識してみて下さい。

ドローインを覚えるだけで、お腹の深いところにある筋肉も意識的に使うことができるのでぎっくり腰になりにくいカラダを作ることが出来ます。

腰の痛みを和らげる寝方

「ぎっくり腰の正しい寝方」という情報が色々と出回っていますが、あまり気にしなくても大丈夫。

一番大事なのは、あなた自身が痛みのない状態で寝られる姿勢でいることです。

どの寝姿勢が一番腰に負担をかけずに寝られるかを試行錯誤しながらベストなポジションを探してみましょう。

基本的には腰に痛みがある方を上にする寝方、つまり「横向き寝」がいちばん腰への負担が少なくて済みます。

うつ伏せでマットレスに眠る女性 寝ていると腰が痛いのはナゼ?プロが教える腰痛が改善する理想の寝方とは

そんな横向きで寝たいあなたにおすすめの枕が【YOKONE2】です。

横向き寝専用まくらのYOKONE2なら、快適な横向き姿勢での睡眠を確保してくれることでしょう。

横向き寝枕「YOKONE2」レビューと口コミを現役整体師がガチ検証! 横向き寝枕「YOKONE2」レビューと口コミを現役整体師がガチ検証!

マットレスを替える

マットレスを替えるのもぎっくり腰の予防法のひとつ。

普段、人間は寝ている間に「寝返り」を何度も繰り返しています。

その理由とは、睡眠時の寝返りによって自然と日々の「体の歪み」を整えているからと言われています。

ですが、マットレスが柔らかすぎたり自分に合わないマットレスを使っていると寝返りが打てず「体の歪み」がどんどん蓄積されてしまうのです。

すると骨盤まわりのインナーマッスルが徐々に硬くなっていきますので、当然ぎっくり腰の発症リスクも高まります。

腰痛の発症リスクを極力まで抑える為にも「良いマットレス」に買い換えてみるのもオススメですよ。

▼僕がおすすめのマットレスはこちら

快眠マットレスvibrato1(ビブラート1)の写真 【評判】最新マットレスvibrato1(ビブラート1)を整体師が徹底評価

睡眠の質を高める

質の高い睡眠をしっかりとることもぎっくり腰予防ではかなり重要です。

とある研究で「睡眠の質の低さが急性腰痛患者(ぎっくり腰)の痛みの強さに大きく関係している」というデータが見られたそうで、この事からも睡眠と腰痛には深い関係性が見られることが分かります。

さらに睡眠不足が原因で自律神経が乱れてしまうと、「頭痛」「動悸」「倦怠感」など身体に様々な悪影響を及ぼしていきます。

睡眠不足は、いわば「万病の元」なのですね…。

普段から「睡眠の質」を高めていくことで、未然にぎっくり腰を予防していきましょう!

▼睡眠についての関連記事はこちら

光目覚まし時計inti4(インティ)の口コミ・体験レビューしてみました! 【inti4】半年体験した僕のリアルなレビューと口コミ・評判を大公開【光目覚まし時計】

湿布やコルセットなどの効果とは?

一般的なぎっくり腰の対処法では湿布やコルセットが効果的であると言われています。

ですが、実際のところ「お医者さんは勧めてくるけど本当にコレ効果あんの?」って言いたくなるようなモノもたくさんありますよね。

そんなあなたの疑問を解決するべく、現役整体師の僕がこの場(ブログ)を借りてその真相をぶっちゃけていきます(笑)

本当に効果的な腰痛対策ツールを見極めたい方は必見です。

正直湿布はまるで効果ナシ

ぎっくり腰で整形外科を利用すると大量に手渡される冷湿布ですが、ぶっちゃけ効果はほとんどありません。

貼ると腰がヒンヤリして気持ち良いのですが、湿布を貼ったから腰痛が改善されるのかっていったら僕の答えは「ノー」です。

湿布を貼っても冷えるのは「表面上」だけ。中の筋肉には到底効果ナシだと言えるでしょう。

湿布を使うくらいなら、先ほど紹介した「氷のうでのアイシング」を徹底的に行った方がぎっくり腰の改善は早まります。

コルセットは一時的な対処にすぎない

コルセットを使うと「腰痛の治りが遅くなる」なんて迷信をよく聞きますが、使い方さえ誤らなければ十分な効果が得られます。

ある程度まで痛みが軽減されるまではコルセットを積極的に利用した方が、日常動作の痛みも少なくなりますし症状の改善が早まる感覚があります。

リョウ

だけど、コルセットに頼りきった生活になるのは絶対にダメ!

コルセットとは、いわば「腰を支える体幹」の代わりとして効果を発揮するツール。

ですので、長期間コルセットをつけっぱなしにしてしまうと、かえって体幹の筋肉(お腹まわり)が弱まってしまい結果的にぎっくり腰の再発させる原因を作ってしまいます。

さらに、可動域も狭くなり「腰を動かすのが怖い」という状態に陥るケースもあるので注意が必要です。

急性期が過ぎて炎症が治ったら、積極的に外して腰を動かしていった方が完治するスピードも早くなるでしょう。

塗り薬は使い方によっては効果アリ?

ぶっちゃけほとんどの塗り薬はそんなに効果がないので推奨していませんが、ひとつだけ「コレ、めっちゃ効くやん!」って塗り薬があるのでソチラをご紹介。

その名も「メンソレータムのラブ」です。

塗った直後から「スーッ」としたピリピリ感と効いてる感が実感できる塗り薬ってそうそう無いので、メンソレータムのラブは僕が中学で野球をしていた頃からかなり重宝しています。

痛み止めは最終手段。でも根本的な腰痛の改善にはならず…。

ぎっくり腰になるとお医者さんがくれる痛み止めですが、個人的には「飲まないで治す」ことを推奨しています。

痛み止めを飲んだからといってぎっくり腰の原因を根本的に治療できるかって言ったらそうじゃないですし、痛み止めによる対処は一時的なモノにすぎません。

たとえ痛み止めによってぎっくり腰を改善させたとしても、ぎっくり腰の根本的な原因は解決されていないので「再発リスク」もかなり高いです。

「どうしても次の日の会議に出なくちゃならない」とか「明日は大事な用事があるんだ」って人以外は、痛み止めの使用を最小限にとどめておきましょう。

ぎっくり腰の治療期間ってどのくらい?

ぎっくり腰が完治するまでの期間は個人差がありますが、おおよそ1週間前後くらいでしょう。

比較的軽度のものでしたら、3日〜5日で完治してしまうケースもあります。

ただし、治りかけている時に無理に身体を動かしたり身体に悪影響な習慣を続けておりますと、ぎっくり腰を悪化させてしまうケースがあります。

ぎっくり腰を1日でも早く治すためには、キチンとした「安静期間」が必要なのです。

少しずつでも良いので、ゆっくりと無理をせず炎症を抑えてからストレッチやリハビリに励みましょう。

ぎっくり腰の治りを遅くさせる原因とは?

ぎっくり腰の治療期間でもお話しましたが、ぎっくり腰には治りを遅くさせる要因があります。

1日でも早く治すためには、ぎっくり腰の悪習慣についてもしっかりと覚えておく必要があるのです。ぜひチェックしておきましょう。

睡眠不足

先ほどもお話しましたが睡眠不足はぎっくり腰の治りを遅くさせます。

身体の中で作られている「セロトニン」という物質は、しっかりと朝のお日様を浴びることで体内で生成されていきます。

セロトニン不足に陥ると「睡眠障害」になってしまったり、最悪の場合「自律神経失調症」になってしまう恐れがあります。

対策として「光目覚まし時計」がおすすめです。

僕も愛用する光目覚まし時計のinti4(インティ)なら、朝のお日様に浴びているのと同じくらい強い光を起床時間に放出し、あなたの朝の寝起きをサポートしてくれます。

また「朝活」はセロトニンを生成させるには持ってこいの活動ですので、かなりおすすめです。

実際に僕も最近朝活を始めてみましたが、かなり体の調子が良いです。

▼光目覚まし時計のレビュー記事はこちら

光目覚まし時計inti4(インティ)の口コミ・体験レビューしてみました! 【inti4】半年体験した僕のリアルなレビューと口コミ・評判を大公開【光目覚まし時計】

アルコールの摂取

アルコールを摂取すると身体の中で分解させようと肝臓が頑張って働きます。

肝臓を働かせるためにはエネルギーが必要なので多くのエネルギーを血液に乗せて運ぶのですが、すると血管が広がって血流が良くなってしまい、腰の炎症を悪化させてしまいます。

炎症がある間はお酒を飲みたい気持ちをガマンしましょう。

長時間の座り姿勢

デスクワークや運転による長時間の座り姿勢はぎっくり腰のもと。

座り姿勢をとっている間、骨盤や腰の痛みに深く関係するインナーマッスルの腸腰筋がずっと緊張しっぱなしになります。

腸腰筋がガチガチになると、当然ぎっくり腰の治りも遅くなるのでご注意を。

少しでも座り姿勢をラクにするために骨盤クッションなどを職場で使ってみるのも良いでしょう。

▼オフィスワーカー必見

座りながらパソコンを使う男性 【オフィス専用】腰痛対策におすすめの骨盤矯正クッション7選

運動不足

運動不足はぎっくり腰に関わらず、多くの身体の不調の原因につながります。

特にデスクワーカーは仕事中座りっぱなしなので筋肉が固まってしまってますから、積極的に運動をしていきましょう。

僕のお客さんでも多いのが「週末はホットヨガに通ってます」「週1〜2でジム通いしています」なんて方ですね。

運動している人としていない人では筋肉の質もだいぶ違ってきますし、何だかんだで「運動」が一番ぎっくり腰予防のコスパがいいです。

精神的ストレス

精神的ストレスでもぎっくり腰の治りを遅くさせます。

腰痛の多くの原因が「実は精神的なストレスからきているんじゃないか?!」と最近の研究で言われはじめています。

心因性腰痛と呼ばれるこの症状は、不安やストレス、うつなどが原因で脳からの「痛み刺激」が増幅されて腰痛を悪化させてしまいます。

改善法としては、やはり不安やストレスをなくすことが一番です。

映画に行ったり、散歩をしたりと「ストレス発散」しながら身体を動かすと腰の痛みも軽減されます。

ぎっくり腰の再発を予防するためには?

ぎっくり腰が再発する理由をまずは考えよう

ぎっくり腰はどうして再発してしまうのでしょうか?

ココまでキチンと読んでくれた人なら「答え」はとっても簡単でしょうが、もう一度おさらいを兼ねてまとめていきます。

ぎっくり腰が再発する理由3選
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 生活習慣の乱れ

ぎっくり腰を再発させたくないのでしたら、上に書かれているモノの逆を行えば良いだけです。

「よく運動する」「よく眠る」「正しい生活を送る」

↑コレをキチンと守っていくだけで、ぎっくり腰に二度とならない「強い腰」を作ることができます。

再発を予防するためにイチバン重要なのは「ぎっくり腰」の知識

色々と改善法や対策をお伝えしてきましたが、結局のところぎっくり腰の再発を予防するのにイチバン重要なのって「正しい知識」なんです。

ぎっくり腰に対して正しい知識を持っていれば、ぎっくり腰の原因になりそうなモノを未然に回避することが出来ますし、未来永劫ぎっくり腰になることはありません。

ぎっくり腰を頻繁に起こすヒトっていうのは「自分がどうしてぎっくり腰になるのか?」ってことさえ知らないで生きています。

それじゃあいつまで経ってもぎっくり腰を予防することなんて出来ませんよね。

ぎっくり腰の無限ループから脱却するには、正しい知識を身につけて未然にぎっくり腰を回避していきましょう!

僕もイチオシの腰痛関連の書籍

「再現性」「実用性」「分かりやすい」の3拍子揃ったイチオシの腰痛の本を紹介します。

現役整体師もオススメの腰痛本です。知識をより深めたい人はぜひ読んでみてください。

▼一生痛まない強い腰をつくるを読む

ほぐしわん整体院が行うぎっくり腰の施術アプローチ

突然の激しい痛みがでるぎっくり腰ですが、症状が悪化する前にしっかりと対応すればキチンと改善させることだって出来ます。

東京都板橋区にあるほぐしわん整体院では、ぎっくり腰の「根本的な原因」に対してしっかりとアプローチしていきます。

まとめ

ぎっくり腰の「完全攻略バイブル」はこれにて完結です。

念のため、もう一度ぎっくり腰を治していく過程をおさらいしていきましょう。

ぎっくり腰完全攻略バイブルまとめ
  1. 病院に行くべきぎっくり腰かどうかをキチンと確かめる
  2. ぎっくり腰の対処法は、始めの2〜3日がすっごく大事
  3. 痛みが消えてきたらストレッチや筋トレで腰を強化

ぎっくり腰の予防にて「整体を受ける」のも実はすっごく効果的。

整体で改善される身体の症状としては

  • 姿勢改善
  • 骨盤矯正

などです。

東京都板橋区にあるほぐしわん整体院では、そんなぎっくり腰の「根本的な原因」をしっかりと解明させることで、より効果的な施術アプローチをすることが出来ます。

少しでもご興味のある方は、ぜひご連絡ください。

ほぐしわん整体院ホームページはこちら