つらい四十肩・五十肩の原因と正しい対処法とは?

肩が重い男性

いつものように洗濯物や、重たい荷物を運んでいたら突然襲ってくる激しい肩の痛み…。そう、これが「四十肩・五十肩」です。

一般的に40代・50代に多く発症することから四十肩・五十肩と呼ばれていますが、正式には『肩関節周囲炎』という名称がつけられています。

四十肩・五十肩になってしまうと、腕が上がらなくなってしまったり、夜中に肩の激しい痛みに陥ってしまいます。

また、肩が動かなくなってしまったり、日常生活に支障をきたしてしまうケースもございます…。

今回はそんな四十肩・五十肩について、ほぐしわん整体院院長の僕がが詳しくご説明していきます。

いつまでも痛みが続く四十肩・五十肩の「本当の原因」と改善法をお探しのあなたへ

あなたは四十肩・五十肩でこのようなお悩みをお持ちではありませんか?

四十肩・五十肩の症状と悩み
  • 突然、肩に激しい痛みが出た
  • 腕を上にあげられなくなった
  • 腕を後ろに回せなくなった
  • 夜間に、肩の痛みが激しく感じる
  • 肩を動かすと、腕や手に痺れを感じる
  • 腕が痛くて、洗濯物が干せない
  • レントゲンや画像診断では「異常なし」と言われた

上記のようなお悩みをお持ちの方は必見です。

この記事を最後まで読み終わったときには、あなたは四十肩・五十肩の痛みの「本当の原因」と、その対処法について知ることができるでしょう。

四十肩・五十肩とは

四十肩・五十肩の男性

そもそも四十肩・五十肩って一体なんなのでしょうか?

『肩関節周囲炎』という正式名称の通り、四十肩・五十肩とは「肩のまわりの筋肉が炎症状態になり、腕が上がらなくなり激しい痛みを伴う症状」のことを言います。

40代以降の方に多く発症することから四十肩・五十肩と呼ばれていますが、この2つの症状に違いはありません。

  • 「40代の方が発症したら四十肩」
  • 「50代の方が発症したら五十肩」

という考え方で大丈夫です。

リョウ

40代以上の方の『5人に1人』が発症する比較的多い疾患なんです。

四十肩・五十肩の症状

肩から腕にかけて痛みが起こり、動かしにくくなる四十肩や五十肩。

四十肩・五十肩は、発症の期間や症状によって「3つの段階」に分けられます。

四十肩・五十肩の症状(時期別)

四十肩・五十肩の症状(時期別)

【急性期】

痛みはじめ〜3ヶ月ほど
肩を動かすと激痛が走る。
夜寝ていても痛みがあり、肩を動かすのが非常に困難な時期。

 

【慢性期(拘縮期)】
3ヶ月〜6ヶ月ほど
肩の痛みは弱まる。

ある程度は肩を動かせるが違和感がある。

 

【回復期】
6ヶ月〜2年ほど
肩の痛みは消失。
しかし可動域に制限が出てしまい、
スムーズに肩を動かすのが困難である。

四十肩・五十肩の効果的な治療法というのは、これらの時期別の症状によって大きく変わってきてしまうのです。

症状の特徴とは

症状の特徴
  • 動かすと肩が痛い
  • 夜中寝ていると痛い(夜間痛)
  • 急に激しい痛みが現れる
  • 安静にしていても痛みが出る
  • X線やMRI検査では異常がみられない

痛みがなくなっても注意が必要?!

四十肩・五十肩は放置していても、半年から一年ほどで自然に痛みが軽くなっていくのですが

「痛みがなくなる」=「治った」

ではありません。

放っておくと自然治癒の期間が遅れたり、肩の痛みが再発してしまうケースもあります。

最悪の場合「凍結肩」「石灰化」といって、肩関節の動く範囲が狭くなってしまい元に戻らなくなることも…。

四十肩・五十肩の原因

四十肩・五十肩の原因としては主に

  • 加齢による筋肉の変化
  • 肩関節の変化
  • 血液循環の滞り

などが主な原因とされています。

これらの直接的な原因や、日頃の生活習慣のストレスや、精神的なストレスも発症の原因になるケースもあります。

肩こりと四十肩(五十肩)原因の違い

肩こりと四十肩(五十肩)は、もちろん原因もまったく違います。

肩こりの原因を簡単に説明すると

「筋肉が緊張で硬くなっている状態」

のことを指します。

対して四十肩・五十肩が引き起こる原因は『肩関節の炎症』です。

後で詳しくご説明していきますが、四十肩・五十肩では

筋肉と骨をつなぐ「腱」や、

骨と骨をつなぐ「靭帯」

これらにも炎症が引き起こるのです。

炎症が起こると痛みが発生する

炎症が起こると、肩に「痛み物質」が発生します。

すると、カラダは痛みをかばってしまうので、肩の関節がスムーズに動かしにくくなってしまい「拘縮」を引き起こしてしまいます。

さらに肩関節をスムーズに動かす潤滑油の役割を果たしている『滑液』は、関節を動かすことによって作られていくのですが、四十肩・五十肩の場合は肩の『滑液包』の中の滑液が炎症により減少してしまうケースもあるのです。

四十肩・五十肩の種類

四十肩五十肩の種類

続いては四十肩・五十肩の種類についてお話していきます。

実は四十肩・五十肩になってしまう原因には、いくつかの種類があるのです。

四十肩・五十肩の種類
【腱炎】

⇨筋肉と骨を結ぶ腱の炎症が原因の痛み

【滑液包炎】

⇨肩関節の動きをスムーズにする滑液包の炎症が原因の痛み

【関節包炎】

⇨関節包(関節を包む結合組織)の炎症が原因の痛み

【腱板炎】

⇨肩関節を支える筋肉の腱の炎症が原因の痛み

【筋肉の炎症】

⇨肩の動きに関係する筋肉(ローテーターカフ)の炎症が原因の痛み

四十肩・五十肩の種類だけでもこれだけの痛みの原因があるということを覚えておきましょう。

【超簡単】四十肩・五十肩の症状別セルフチェック法【3分で出来る】

たったの3分であなたが四十肩・五十肩かどうかを調べられるセルフチェック法をご紹介していきます。

しかも、あなたの四十肩・五十肩がどのタイプかってことまで詳しく調べることが出来るので必見です。

おうちで簡単に出来ちゃうので、まだ病院に行ってない人でもぜひ一度試してみてくださいね。

上腕二頭筋長頭腱炎のセルフチェック法

上腕二頭筋長頭腱炎のセルフチェック法。まずはタオルを持つ。

1、タオルを掴み、上下に持ちます。

上腕二頭筋長頭腱炎のセルフチェック法。タオルを絞った時に痛みが出たら上腕二頭筋長頭腱炎の可能性あり

2、前に押し出すようにタオルを絞ります。

これが出来ないあなたは「上腕二頭筋長頭腱炎」の可能性ありです。

関節包炎のセルフチェック法

間接包炎のセルフチェック法。手のひらを上にして肘を直角に曲げます。

1、手のひらを上にして肘の前で直角に曲げる

間接包炎のセルフチェック法。直角に曲げた肘を外側に曲げた時に痛みがあれば間接包炎の疑いありです。

2、肘はそのままに、腕だけ左右に曲げる

これが出来ないあなたは「関節包炎」の可能性ありです。

滑液包炎のセルフチェック法

滑液包炎のセルフチェック法。まずは肩の高さまで腕をあげていく。

1、両手を下から肩の高さまで上げる

滑液包炎のセルフチェック法。耳の高さまで腕をあげていったら痛みがでる場合は滑液包炎の疑いがあります。

2、そこから更に耳の高さまで上げる

これが出来ないあなたは「滑液包炎」の可能性ありです。

腕を上げる動作に「棘上筋」が多く関わっているので棘上筋炎の可能性もあります。

ローテーターカフ(筋肉の炎症)のセルフチェック法

筋肉の炎症のセルフチェック法。肩の高さで腕を垂直にする。

1、肩の高さで腕を垂直に上げる(ハニワみたいな格好)

筋肉の炎症のセルフチェック法。肩の高さまであげた腕を下げる。これで痛みが出るならローテーターカフに何かしらの症状が出ている可能性がある。

2、腕をそのまま下げる(ハニワのまま)

これが出来ないあなたは「回旋筋腱板(ローテーターカフ)の炎症」の可能性ありです。

ローテーターカフについて詳しく知りたい方は下記の記事をご参考ください。

筋肉が美しい金髪女性 肩のインナーマッスル『ローテーターカフ』とは?

四十肩・五十肩の一般的な西洋医学での治療法

ヒアルロン酸注射で痛みをとる

四十肩・五十肩の痛みがあまりにもヒド場合には、ヒアルロン酸注射をして痛みを和やらげます。

ヒアルロン酸には、抗炎症作用や鎮痛作用のはたらきがあるので、肩の痛みを一時的に緩和させることができます。

さらに、腱の癒着作用防止の役割や筋肉がガチガチになってしまうのを防ぐ役割があるので、整形外科なのではヒアルロン酸注射を週1で注射する療法が一般的です。

しかし、これらの治療はあくまで「痛みの緩和」が目的ですので、本当の意味での四十肩・五十肩の症状改善というのは見込めません。

手術療法

整形外科などの西洋医学の治療では、上記の注射などの保存療法で痛みの緩和が見込めない場合には、手術にいたるケースがございます。

病院での手術では「関節鏡視下手術(かんせつきょうしかしゅじゅつ)」というものが主流で行われています。

「関節鏡視下手術」とは、肩に1センチほどの小さな穴を開けて、そこに関節鏡を入れて映像で確認しながら行う手術法です。

手術中の出血が少量なのと、術後の回復が早いので、比較的高齢者にも行われております。

ですが、やはりそれなりに身体の負担はかかりますし、手術したとしても必ず治るとは限りません。

西洋医学の考え方としては「その場の痛みさえ緩和できればオーケー」というもの。あなたの肩の痛みが再発するかどうかというのは考えていないのです。

ほぐしわん整体院の四十肩・五十肩の改善方法とは?

東京都板橋区にある、ほぐしわん整体院での四十肩・五十肩の改善方法をご紹介します。

「つらい肩の痛みをなんとかしたい」という方に対してのアプローチで重要なのは

急性期→慢性期の対処の仕方

であると考えております。

ほぐしわん整体院では、あなたの四十肩・五十肩が「急性期」「慢性期(拘縮期)」「回復期」のどの段階かによって施術内容も大きく変わってくるのです。

急性期の改善法

急性期の場合では、肩関節の激しい炎症に加えて、周辺の筋肉が痛みによってこわばってしまうためガチガチになってしまいます。

そのため、急性期の場合はまず肩のまわりの筋肉の緊張をほぐす施術をおこない

  • 血行不良の改善
  • 肩関節周辺の筋緊張の緩和
  • 関節拘縮の軽減(関節が固まらなくする)

などのアプローチをしていきます。

慢性期(拘縮期)の改善法

慢性期(拘縮期)では、痛みは少しずつ軽減してきますが「肩を動かすと痛い」という症状が長く続きます。

この時期にしっかりと対策をしておかないと、肩関節の拘縮(関節が固まってしまうこと)がヒドくなってしまい、四十肩・五十肩を完治させるのが困難になってしまうので注意が必要です。

四十肩・五十肩の拘縮期で最も重要なアプローチというのは「関節を固まらせない」ことだということを頭に入れておきましょう。

そのための行うべき施術としては

  • 肩甲骨の動きの正常化
  • 筋肉の拘縮を取り切る

ことを目的とした施術が大事です。

回復期の改善法

回復期になると、痛みや関節可動域も回復し、徐々に完治に向かっていきます。

あなたの肩が日に日に動かせるようになっている実感を得られるのも、この時期。

回復期に重要なのは、日常的にマッサージをしてあげたり運動トレーニングやストレッチなどで肩の可動域を高めてあげることです。

痛みの緩和や肩関節の可動性を高めていくためには、適切な運動療法や施術をおこなえる指導者の存在は必須でしょう。

四十肩・五十肩の治療に「肩」をほぐしても良くならないワケとは?

四十肩・五十肩でお悩みの人に対して、よくある接骨院や整形外科などの治療法ですと「痛みの原因(肩)に対するアプローチ」を重点におこなっていきますが、それだけでは根本的な痛みの原因は改善されません。

なぜ、肩をほぐしても一向に良くならないのか…?

それは、四十肩・五十肩の「痛みの本当の原因」が他にあるからなのです。

四十肩・五十肩の「本当の原因」は肩甲骨?!

慢性期(拘縮期)の四十肩・五十肩の痛みの「本当の原因」は、実は肩甲骨にあります。

なぜ肩甲骨が原因で、肩の痛みや可動域に制限が出てしまうのでしょうか?

拘縮期を迎えると急性期のような激しい痛みは少しづつ軽減してくるのですが、今までまったく肩が動かせなかった分、肩のまわりの筋肉がガチガチになってしまいます。

そのせいで、肩をスムーズに動かすには欠かせない『肩甲骨』付近の筋肉が硬くなり、肩甲骨がうまく動かせない状態になってしまうのです…。

肩甲骨の動きにアプローチしなければ、あなたの四十肩・五十肩の根本的な痛みの原因を取り除くことは難しいでしょう。

逆に早期のうちから、しっかりと肩甲骨の可動性に対して、しっかりとアプローチしてあげることで四十肩・五十肩の完治までの期間を早めることも可能です。

▼肩甲骨についての関連記事はこちら

頭を抱えるロボット人形 肩甲骨からゴリゴリ音が鳴って心配!その原因と解消法を教えます 背中・肩甲骨にも超効果的なストレッチ方法 【超効果】肩甲骨はがしの必勝法!可動域を広げる極秘ストレッチとは

東京都板橋区で四十肩・五十肩を改善させたいなら、ほぐしわん整体へ

板橋区成増を拠点に活動する、ほぐしわん整体院では「四十肩(五十肩)の原因は、肩だけじゃない」という考えの元、肩の痛みにアプローチしていっております。

まずは、お近くの医療機関にて、あなたの肩の痛みが四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)であるとキチンと診断を受けてから整体での施術をはじめられることをオススメします。

四十肩・五十肩と言われるも、病院や接骨院ではなかなか改善されないという方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

 

コメントを残す